Archive for the ‘不動産’ Category

不動産の査定依頼はここに注意

9月 2nd, 2014 | Posted by | Comments Off on 不動産の査定依頼はここに注意
不動産を売却するにあたって、インターネットや住宅情報誌等を使って自分で調べることは、もうひとつ大切な意味を持っています。 それは査定を依頼する不動産会社を選ぶための判断材料になるということです。特定地域での実績があるところもあれば、マンションの販売に強い会社、一戸建てに強い会社など、不動産会社にもそれぞれ特徴があります。 どの不動産会社に査定を依頼するのかについて、数ある不動産会社から数社に絞り込むためにも、住宅情報誌などでどんな物件を扱っているのかを調べたり、不動産会 社のホームページで販売中の中古物件情報や買い替えのためのバックアップシステムの説明、営業所単位のスタッフ紹介などに目を通すなどして、情報収集をしましょう。 「査定」とは、不動産会社が現在の市況と照らし合わせ、過去の成約事例などのデータをもとに「売れる価格」を割り出すことです。 買い替え計画に対して積極的な提案かどうか、情報が見やすく整理されているかなどをチェックしてみるのもいいでしょう。 実際に査定を依頼する場合は、より正確にいくらで売れるのかを知るためにも、複数の会社に依頼するようにしましょう。 査定の材料などは不動産会社によって少しずつ異なります。しかし、不動産会社によって査定価格に多少のブレはあっても、極端な差がつくことはほとんどありません。 もし、1社だけ何百万円も高い査定価格を提示してくるところがあった場合は、これに飛びつくことなく冷静な判断が必要です。 ちなみに、極端に高い査定価格を提示してくる不動産会社の中には、媒介契約を取りたいがために無理をしていたり、あるいは、正確な査定ができるだけのデータを持っていないケースもあります。 そういった不動産会社に売却を依頼してしまうと、売り出したものの買い手がつかない、そもそも販売活動がずさん、などのトラブルに巻き込まれることも考えられます。目先の条件ばかりではなく、信頼できる業者かどうかの見極めも肝心なのです。 不動産査定エージェントは、【最大6社】の売却査定額を一括無料査定

液状化不安

4月 25th, 2014 | Posted by | Comments Off on 液状化不安
国土地理院から『明治前期の低湿地データ』という画期的な地図データが公表された。パソコンからアクセスすることで誰もが閲覧することができる。 東日本大震災の際、震源地から遠く離れた首都圏でも大規模な液状化現象が発生したのは記憶に新しい。海岸線近くの埋立て地ばかりでなく、内陸部にある埼玉県の住宅地でも液状化が起こって人々を驚かせたが、その住宅地は古くは沼地であったことが判明して謎が解けた。 液状化の発生要因には、土地の地盤条件として、「地下水位が高い」「地層に砂質層がある」「地盤の締まりが緩い」の3条件が深く関与しているとされる。低湿地だった土地に埋立てや盛土が行なわれた場合に、こうした条件となりやすい。狭い日本の国土では海や水田、沼地、河川などが埋め立てられて住宅地が造成されてきた歴史があり、液状化リスクの高い住宅地も少なくないのが現実である。 今回公表された『明治前期の低湿地データ』は、明治後期以降に埋立てや盛土が行われた土地について、明治前期の土地利用状況がわかるため、液状化の発生要因である「地下水位が高い土地」「地盤の締まりが緩い土地」などを判断するのに役立てることができる レオナルド・ディカプリオ 無料 動画 お試し

少ないデザイナーズマンションを手に入れる

4月 17th, 2013 | Posted by | Comments Off on 少ないデザイナーズマンションを手に入れる
いま注目の「デザイナーズマンション」、やはり流通量は少ないようで、リーズナブルな価格では手に入れるのは難しいようです。

引越しの人気

1月 29th, 2013 | Posted by | Comments Off on 引越しの人気
引越し先を選ぶときに気になるんですが、自分がいいなって思う部屋ってやっぱり他の人も気になってる物件であることが多いですよねたぶん。 でも、意外とそういう物件って少なくって、なんでこんなへんちくりんな間取りや配置の建物にしちゃったのっていう部屋多くないですか?